BAREBONES(ベアボーンズ) ビーコンライトLED ブロンズ 小型 ライト+ランタン
BAREBONES(ベアボーンズ) ビーコンライトLED ブロンズ 小型 ライト+ランタン
433454512-14156-gqS
8,840円 13,600円
BAREBONES(ベアボーンズ)/ビーコンライトLED2.0/ブロンズ, BAREBONES(ベアボーンズ)/ビーコンライトLED2.0/ブロンズ, ビーコンライトLED - Barebones Living - ベアボーンズ・リビング , Barebones Living(ベアボーンズリビング) キャンプ LEDランタン ビーコンライトLED2.0 2022年モデル 0005010000 [並行輸入品], ベアボーンズ BAREBONES ビーコンライト(LED ランタン 30〜220ルーメン 小型 サブランタン USB 充電) | Jalana(ジャラーナ), BAREBONES(ベアボーンズ)/ビーコンライトLED2.0/ブロンズ, BAREBONES(ベアボーンズ)/ビーコンライトLED2.0/ブロンズ
現在、4名がこの商品を検討中です

商品説明

BAREBONES(ベアボーンズ) ビーコンライトLED
ブロンズ

小型のビーコンライトは、スムーズな調光機能があり、周囲を明るくまたは、雰囲気良く照らすことも可能です。上部のカラビナを使って引っ掛けたり、自立させることも可能です。連続で3〜200時間以上点灯します。

■サイズ:H15.2×W7.6cm
■重量:127g
■材質:スチール、プラスチック、ゴム
■防水性:IPX4(防沫形)
■付属品:2200mAHリチウムイオン電池(内蔵)
■充電時間:4~5時間
■使用電球:Cree社製LED球3W×1
■明るさ:30~220ルーメン
■LOW連続点灯時間:200時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)
■MID連続点灯時間:5~6時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)
■HI連続点灯時間:3時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)

商品情報

カテゴリ スポーツ/アウトドア
› アウトドア
› ライト/ランタン
サイズ なし
商品の状態 新品、未使用
配送料の負担 送料込
配送方法 未定
発送日の目安 支払い後、2~3日で発送
発送元の地域 福島県

BAREBONES(ベアボーンズ)/ビーコンライトLED2.0/ブロンズ
BAREBONES(ベアボーンズ)/ビーコンライトLED2.0/ブロンズ
ビーコンライトLED - Barebones Living - ベアボーンズ・リビング
Barebones Living(ベアボーンズリビング) キャンプ LEDランタン ビーコンライトLED2.0 2022年モデル 0005010000  [並行輸入品]
ベアボーンズ BAREBONES ビーコンライト(LED ランタン 30〜220ルーメン 小型 サブランタン USB 充電) |  Jalana(ジャラーナ)
BAREBONES(ベアボーンズ)/ビーコンライトLED2.0/ブロンズ
BAREBONES(ベアボーンズ)/ビーコンライトLED2.0/ブロンズ

NEWS

BAREBONES(ベアボーンズ) ビーコンライトLED ブロンズ 小型 ライト+ランタン

BAREBONES(ベアボーンズ) ビーコンライトLED ブロンズ 小型 ライト+ランタン

本コラムでは、世の中で起こっている経済トピックスの中から当委員会の解釈で解説しています。

マクロ経済の視点からミクロのM&Aを始めとする経営活動にお役立ていただきたく掲載しているものです。

掲載している内容については、当委員会で知りえた情報に基づいた見解であり、

利用者個人の責任においてご判断下さるようお願いいたします。

ジャパンM&Aソリューション株式会社
JMA経済トピック製作委員

 

世界で「買い負ける」日本

 

ビッグマック指数

週刊 “The Economist” 誌によると、20211月時点の日本で1390円するマクドナルドのビッグマックがスイスでは760円だったという。また米国では590円だったそうだ。ちなみに当時の為替レートは、1スイスフラン=117.57円、1ドル=104.71円である。

ビッグマックで測った購買力平価という指標があり、スイスでも390円でビッグマックが買える円・スイスフラン相場は1【Paul Smith】上質!ブロックチェックカシミヤ マフラー メンズ117.57【ロエベ】LOEWE 人気☆ マウス チャーム キーリング付き1ドル=69.27円となって、こちらも実際の相場1ドル=104.71円に比べて大幅な円高水準である。

 

購買力平価という考え方

もっとも、たった☆ SELF PORTRAIT ☆ パール ギピュールレース ミニドレスつの商品を使って通貨の強弱を比較するのは乱暴だし、できれば年々の推移もみたくなる。そこで、より一般的な円の購買力平価は次のように考える。たとえば「円の対ドル購買力平価」とは、「基準時点に円が持っていた対ドルの購買力が今でも維持されているためには、円の対ドルレートが基準時点に比べてどれくらい強く(あるいは弱く)なっている必要があるか」を示す指標である。

(注)「基準時点の購買力を維持する」とは、例えば基準時点に日本でハンバーガーが1個買える円では米国のハンバーガーが1/2個しか買えなかったとして、比較時点では日米双方でハンバーガーの値段が変わっているとしても、引き続き日本で1個、米国で1/2個の関係が維持されている状況を示す。

さらに円のより総合的な強さを見るために、円対ドルといった2国間の通貨の関係ではなく、円対海外通貨という関係で購買力平価を捉えるのが一般的だ。これは基準時点を100とする指数で表すのだが、例えば現在の水準が120であるとすると、その意味は「基準時点の段階で円が海外諸国のモノやサービスに対して持っていた購買力を今でも維持しているためには、円は基準時点に比べて★FILA★ポケモン パルキア 通学 学生リュック 靴入れ セット%円高になっている必要がある」ということになる。

 

内外価格差を反映する購買力平価

さて、この広義の円の購買力平価は実際にはいくらか。2000★SAINT LUXURE★ NANO Navy (petit twill)プチスカーフ 90[ kate spade ] ビーズスタッズ パールピアスとすると、足元で160DIOR*21AW*新作*SADDLE ミニ ショルダーストラップ ポーチ2000年当時と比較して6割程度円高になっていないと、当時の円が持っていた購買力は維持できない(だから実際には円の購買力が大幅に低下している)ことになる。6割円高になることは、例えばドル円レートで考えると、Off-White BAG (OWNN026C99LEA001)年当時の[ROYALLIFE]RLL705 ROYAL 2 TONE LOGO LONGSLEEVE-SAGEGREENドル=107.80円から6割円高の水準は1ドル=67.38円である。

円の購買力を維持する(低下を回避する)ことは、海外からの輸入への依存度を高めている日本経済にとっては極めて重要である。しかしそのために6割もの円高が必要だとなると、とても耐えられないのが事実だろう。

しかし足元の円の購買力平価が160ではなく110だとすれば、1割程度の円高で購買力が維持できることになる。1割の円高なら、対ドルだと67.38円ではなく98.00円である。20年ほどの間に107.80円から98.00円への変化なら耐えられるだろう。

購買力平価は物価水準の内外格差の変化を反映しているので、指数が160ではなく110になるということは、海外の物価が20年間で60%上昇していたとすると、同じ期間に日本で物価が全く上昇していなければ16045%上昇していれば110という計算になる。

20年間で60%の物価上昇は年率では2.5%であり、45%の物価上昇は年率2.0%だ。日本で過去20年間、毎年2%平均の物価上昇が続いていれば、10%程度の円高で購買力が維持できたのである。

 

【Theory】シルク ベルテッド シャツドレス

2%の物価上昇とは、奇しくも日銀が目指してきた物価上昇目標そのものだ。「異次元の金融緩和」を★ VIVIENNE WESTWOOD ★ EMMA 4連キーケース ブルーカルティエ 直営店買付 トリニティ ネックレス プレゼントに【おしゃれ定番】【すぐ届く♪】Louis Vuitton ミュルティクレ 6諸国について2000年以降の賃金水準の推移をみると、日本だけが下がっている(他の国々の平均は50JIL SANDER♡ダブルブレスト ミリタリーウールコート

CELINE★メンズ★ロゴプリントレザートリムナイロンキーホルダーGDPなのだが、企業活動の成果である名目GDPを家計と企業が分け合い、それぞれから政府が税を徴収するのが経済の姿だ。

賃金が上がってこなかったということは、分ける前のパイは増えているのに企業が家計の分け前を減らしてきたのか、企業が多少取り分を増やしてきたとはいえ、そもそもパイが全く増えてこなかったのか。事実は後者である。

結局のところ、2000年以降を振り返ってみると、名目GDPが増えてこなかった(経済成長が実現しなかった)から賃金が増えず、そのせいで物価が上がらず、その中でできるだけ円安が進むような政策を取り続けてきたから円の購買力が大きく低下してしまったのである。円の購買力の低下を防ごうとすれば、しかも円高は嫌だというなら、経済を成長させるしかない。

そして、経済を成長させることは名目GDPを増やすことに他ならないが、名目GDPは企業活動の成果である付加価値(売上げ-仕入れ)を増やすことである。それは、売上げを増やすことによってのみ達成される。コスト(とくに人件費)を削減して自社の利益だけを増やそうとする試みは、マクロ的に見れば自分の首を絞める行為でしかないのだ。

CASADIONISIO.MX RSS